ペット名刺の効果

ビジネスマンが自分のことを紹介する際に使う道具として名刺があります。初めてお会いして口頭で紹介するよりも詳しく自分の情報を載せてあるカードサイズの紙となっています。主に名刺には自分が雇われている会社等の名前、役職、電話番号、メールアドレス、SNSのアカウントなどの情報が記載されています。後々個人的にやり取りをするために必要な物なので様々な人と出会い、その繋がりが自分の仕事に影響がある人にとっては必需品となっています。

猫と名刺名刺は人だけが使うものだと思われていますが、ペット名刺というものがあります。名前通りペットの情報が記載されている名刺です。使用の用途としては同じようにペットを愛している人同士が散歩中や遊ぶ場所、ドッグラン等で出会いコミュニケーションを取るきっかけに利用されます。主に飼い主同士の交流を深めるための道具なので、実際ペット同士の交流は飼い主同士が交流して仲が深まれば同時にペット同士の仲も深まる効果が見込めます。

ペット名刺に記載されている内容も飼っている動物や何を一番伝えたいかにより人それぞれ個性があり、違います。ペット名刺を持っている同士でペット名刺を交換する時に自分以外のペット名刺を見るのも楽しみの一つとなるでしょう。同じようにペットを愛している人同士の交流を深めたりするものですが、飼い主自身の情報は記載していないのも面白いところの一つでしょう。当サイトではペット名刺について説明します。

 

名刺は見開き4面印刷にすると情報量が多くて良い

最近は名刺の印刷も自分でパソコンを使って行う場合が多いです。市販のソフトも色々出ていて、印刷屋さん泣かせのようです。 でも私は、あえて印刷屋さんに依頼し、見開き4面の名刺を作製してもらいました。まず1面は普通の名刺のレイアウト、名前・住所・電話番号など、見開きの2・3面には自分の店の“ウリ”を印刷してもらいました。フォントも少し大きめにしたが、なかなかの情報量が載せられました。最後の4面、普通の名刺でいうところの裏面には、一番肝心な料金表をバッチリ入れて、なかなかの出来ばえです。

しかし、当然コストは少々割高となり、“かず打ちゃ当たる”的な商売とか営業マンには、見開きの名刺は不向きかもしれないが、マトを絞ってじっくり営業をかける場合には、名刺を渡しても受け取ってポイとされにくいような気がします。 個性の時代でしょう。モノもなかなか売れにくいです。まずは何とか自分を覚えてもらうことが大事ではないでしょうか。その点、見開き名刺で“つかみはOK”と行きたいものです。

 

名刺に一工夫をして相手に覚えてもらう

ビジネスマンの多くが持つ名刺。しかし、増える一方の名刺を上手に整理しきれずに、必要な時に必要な名刺が見つからない、なんていうことも少なくないのではないでしょうか。最近では名刺を管理できるアプリなどもあるのでそういったものを使ってみることも一つの方法かもしれません。また、企業で個人に支給される名刺というのはどうしても画一的で個性に欠けるものも多く、後になって名刺を見てもその相手をなかなか思い出せないという場合もあると思います。珍しい苗字だったり、名刺のやり取りをした時に何かインパクトのある出来事でもあれば覚えやすくもなりますが、それに頼るわけにもいきません。

そんな中、自作の名刺で趣味が記載されていたり、何か特徴的なイラストが入っていたりするだけでも、印象に残りやすくなるのではないでしょうか。顔写真が入っている名刺もありますが、それも横並びではやはり記憶に留めておきにくくなってしまいます。相手に覚えてもらうことが第一という職種であれば、何か一工夫することで、大きな成果に繋がるかもしれません。